強力消臭剤|G-MAQ ジーマック 特徴|Features
 
 
 
 
 
 
 
強力消臭剤 PayPay楽天ペイ G-MAQ ジーマック Yahoo!ストア へ></a>
    </div>

        <div class=

商品検索

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
出荷休止日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
出荷休止日
[BOARDLIST_5_180_/images/250/leftdot.gif]


 

■G-MAQ ジーマック 特徴


本物の強力消臭剤・シックハウス対策剤"G-MAQ ジーマック"


  • ・香りでごまかさない
  •  …悪臭原因物質や有害化学物質などの「吸着・消臭対象物質」と「官能基」の化学反応により吸着・消臭を行う「化学吸着剤」であるため、一般的な市販の「マスキング」主体の消臭剤とは異なり、「吸着・消臭対象物質」そのものを別の物質に変換(無臭化・無害化)しています。

  • ・吸着・消臭速度が早い / 吸着・消臭容量が大きい
  •  …「グラフト重合」により、「基材」に対して「側鎖」や「官能基」(=吸着・消臭機能を持つ分子や高分子)が三次元的に導入されており、悪臭原因物質や有害化学物質などの「吸着・消臭対象物質」と「官能基」との接触効率や単位面積あたりの「官能基」の導入量の向上が得られるため、従来の吸着・消臭剤と比べ、速度と容量の両面でより強力な性能を発揮することに成功しています。
  •  …安定化二酸化塩素系・次亜塩素酸系・オゾン系のように効果がその場限りの製品とは異なり、持続的に消臭効果及び有害化学物質浄化効果を発揮します。

  • ・一度とらえた吸着・消臭対象物質の再放出が非常におきにくい
  •  …悪臭原因物質や有害化学物質などの「吸着・消臭対象物質」と「官能基」の化学反応により吸着・消臭を行う「化学吸着剤」であるため、活性炭やゼオライト等の「物理吸着剤」(吸着・消臭剤の表面の多孔質部分に「吸着・消臭対象物質」が主にファンデルワールス力により吸着される)とは異なり、「吸着・消臭対象物質」そのものが別の物質に変換(無臭化・無害化)されており、可逆反応による吸着・消臭を除き、一度吸着した「吸着・消臭対象物質」の再放出が起こりえません。

  • ・安定性・安全性が高い(経時劣化がおきにくい)
  •  …「グラフト重合」により、「基材」「側鎖」「官能基」が一体となったポリマー(高分子)として存在するため、既存のモノマー(低分子)からなる「化学吸着剤」とは異なり、高い反応性を維持または向上させつつ、製品の安定性・安全性を高めることに成功しています。
  •  …一部の安定化二酸化塩素系・次亜塩素酸系・光触媒系・オゾン系のような危険物質の発生や危険な中間生成物(塩素ガスの発生やオゾンガスの発生、アルデヒド類の生成や蟻酸等の生成)の心配もありません。

  • ・対象物質の選択的な吸着・消臭が可能(余計なものを吸着しない)
  •  …悪臭原因物質や有害化学物質などの「吸着・消臭対象物質」と「官能基」の化学反応により吸着・消臭を行う「化学吸着剤」であるため、活性炭やゼオライト等の「物理吸着剤」(吸着・消臭剤の表面の多孔質部分に「吸着・消臭対象物質」が主にファンデルワールス力により吸着される)と比べ、「吸着・消臭対象物質」をより強力かつ選択的に吸着・消臭することが可能となっています。

  • ・静的環境下・低濃度環境下でも吸着・消臭性能が高い
  •  …「グラフト重合」により、「基材」に対して「側鎖」や「官能基」(=吸着・消臭機能を持つ分子や高分子)が三次元的に導入されており、悪臭原因物質や有害化学物質などの「吸着・消臭対象物質」と「官能基」との接触効率や単位面積あたりの「官能基」の導入量の向上が得られるため、従来の吸着・消臭剤と比べ、静的環境下・低濃度環境下においてもより積極的な吸着・消臭を行います。

  • ・化学反応型の吸着剤でありながら複数の物質を同時に吸着・消臭することができる
  •  …「グラフト重合」により、「基材」や「側鎖」を媒介して「官能基」(=吸着・消臭機能を持つ分子や高分子)を三次元的に導入するため、従来の「化学吸着剤」では比較的困難とされてきた極性の異なる「官能基」の併用の幅が拡大しており、同時に吸着・消臭可能な「吸着・消臭対象物質」の範囲を広げることに成功しています。

  • ・用途に応じた形状・機能の多彩なデザインが可能
  •  …「グラフト重合」により、バインダー等を用いることなく、場面や目的に応じた「基材」「側鎖」「官能基」の組み合わせの幅が広がっています。

  • ・他技術とのハイブリッド化が容易
  •  …例えば、『物理吸着機能を持つ物質を「基材」として用い、極性の異なる複数種類の吸着・消臭分子と抗菌機能を持つ金属イオンを「官能基」として導入する』など、これまであまり目にすることがなかったような新たな吸着・消臭剤の開発・製品化の可能性が期待出来ます。

▼G-MAQ ジーマック 技術情報


"G-MAQ ジーマック とは"
"G-MAQ ジーマック 従来技術との比較"
"G-MAQ ジーマック 製品例"
"G-MAQ ジーマック 性能例"
"G-MAQ ジーマック 吸着・消臭メカニズム"
"G-MAQ ジーマック 実績例"
"グラフトンラボラトリーズ会社情報"