強力消臭剤|G-MAQ ジーマック 従来技術との比較|Comparison With Conventional Technology
 
 
 
 
 
 
 
強力消臭剤 PayPay楽天ペイ G-MAQ ジーマック Yahoo!ストア へ></a>
    </div>

        <div class=

商品検索

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
出荷休止日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
出荷休止日
[BOARDLIST_5_180_/images/250/leftdot.gif]


 

■G-MAQ ジーマック 技術の位置付け(従来技術との比較)


強力消臭剤・シックハウス対策剤"G-MAQ ジーマック"は、弛まぬ研究開発によって育まれています。


吸着・消臭技術 主な製品例 吸着・消臭原理 メリット デメリット
マスキング

芳香剤・多くの市販消臭剤 他

悪臭原因物質や有害化学物質を、芳香成分でオブラートのように包み込むことにより、臭気を直接的には感じにくくさせる。

・比較的低コストなものが多い。

・悪臭原因物質や有害化学物質がそのまま存在しているため、本来の意味での消臭ではない。
・芳香成分が、ユーザーの好みに合わないことがある。
・有害化学物質対策には使用出来ない。
・芳香成分そのものが、人体等にとって有害なものも一部で見受けられる。
物理吸着

活性炭・ゼオライト・シリカゲル・珪藻土 他

悪臭原因物質や有害化学物質を、多孔質物質の表面のポーラス(孔)部分に吸着させることにより、周囲の悪臭原因物質や有害化学物質の濃度を低減させる。

・比較的低コストなものが多い。
・ポーラス部分とサイズの合った物質を吸着するため、吸着・消臭対象物質の範囲が広いものが多く、複合臭に有利に働くケースが多く見受けられる。
・動的環境下においては、吸着速度が早いものが多い。

・湿度や温度等の影響により、一度吸着した悪臭原因物質や有害化学物質の、再放出が起きやすい。
・化学吸着と比較した場合、吸着容量が小さいものが多い。
・ポーラス部分とサイズの合うものであれば、悪臭原因物質や有害化学物質以外の物質(特に水・埃・ヤニ等)であっても吸着してしまうため、実際の使用に際しては、目的となる物質に対する吸着容量のロスが大きい。
・機能がかたちに依存しているため、場面や目的に応じた適合性が低い。

化学吸着

一部の市販消臭剤・シックハウス対策剤 他

悪臭原因物質や有害化学物質を、化学反応を用いて、吸着・中和・変換・分解することにより、無臭化・無害化する。

・一度吸着・消臭した悪臭原因物質や有害化学物質の、再放出が起きにくい。
・物理吸着と比較した場合、吸着容量が大きいものが多い。
・化学反応により、悪臭原因物質や有害化学物質に的を絞った吸着・消臭を行うため、目的となる物質に対する吸着容量のロスが小さい。
・物理吸着と比較した場合、場面や目的に応じた適合性が高いものが多い。

・吸着・消臭成分の安定性が低く、経時による性能劣化が著しいものが、多く見受けられる。
・吸着・消臭成分そのものが、人体や金属等に対し有害なものも一部で見受けられる。
・化学反応により悪臭原因物質や有害化学物質の吸着・消臭を行うため、有効となる対象物質の極性が偏ったものが多く(酸性の臭気に有効なものはアルカリ性の臭気には効果がなく、アルカリ性の臭気に有効なものは酸性の臭気には効果がない等)、複合臭の吸着・消臭には不利なものが多い。

G-MAQ
…グラフト重合高分子による化学吸着
G-MAQ 製品各種

悪臭原因物質や有害化学物質を、化学反応を用いて、吸着・中和・変換することにより、無臭化・無害化する。

・一度吸着・消臭した悪臭原因物質や有害化学物質の、再放出が起きにくい。
・化学反応により、悪臭原因物質や有害化学物質に的を絞った吸着・消臭を行うため、目的となる物質に対する吸着容量のロスが小さい。
・グラフト重合により、吸着・消臭成分が三次元的に展開しているため、物理吸着や従来型の化学吸着と比較した場合、さらに吸着速度が早く吸着容量を大きくしやすい。
・化学反応により、悪臭原因物質や有害化学物質に的を絞った吸着・消臭を行うため、目的となる物質に対する吸着容量のロスが小さい。
・グラフト重合により、様々な物性・形状を持つ物質に対し、様々な吸着・消臭機能を付与出来るため、物理吸着や従来型の化学吸着と比較して、さらに場面や目的に応じた適合性を高めやすい。
・高分子体であるため、安定性が高く、従来型の化学吸着剤とは異なり、経時による性能劣化が極めて少なくなっている他、人体等に対する安全性も高いものとなっている。

・優秀な物理吸着材と比較した場合に、動的環境下に置ける吸着速度や、複合臭への対応力において劣るケースも見受けられる。

その他 光触媒・安定化二酸化塩素・植物由来抽出物・金属イオン・オゾン 他

・適切な用途に対し、適切な使用法を用いた場合に、優れた性能を発揮する。

・効果の持続期間が短いものが含まれる。
・効果が現れるまでに長い時間を要するものが含まれる。
・用途によっては、謳われている効果が証明されていないものも含まれる。
・有効成分そのものが、人体や金属等に対し有害なものも一部で見受けられる。
・副次的に、人体や金属等に対し有害なものを生成するものも一部で見受けられる。


▼G-MAQ ジーマック 技術情報


"G-MAQ ジーマック とは"
"G-MAQ ジーマック 特徴"
"G-MAQ ジーマック 製品例"
"G-MAQ ジーマック 性能例"
"G-MAQ ジーマック 吸着・消臭メカニズム"
"G-MAQ ジーマック 実績例"
"グラフトンラボラトリーズ会社情報"